MyBlog

アメリカ出産記録🇺🇸病院探し

Nov. 16, 2018

出産記録

アメリカ駐在 子育て オハイオ シンシナティ 駐在妻 3歳 1歳 海外で出産 出産記録

2018年8月にアメリカで次男を出産しました。


長男は日本で産まれたので初めての海外出産!


これから少しずつ記録していきまーす!



まずは病院探し。


アメリカでは、妊娠検査薬で陽性が出ても妊娠8週目以降にならないと診てもらえません。
この期間のソワソワ感といったらないですが、そりゃしかたなし。ゆっくり病院探しができるわいと割り切るしかありません🙄
(ちなみに妊娠検査薬はpregnancy testといいます。krogerなどのスーパーや薬局どこでも売ってます)

実際、ダブリンからメイソンへの引っ越し直前に妊娠が判明したので知り合いもいない、口コミも聞けないという状態。
時間をかけて自力で検索しまくりました。

そこではじめに困ったのが
産婦人科って英語で何?

これ、知ってます?
woman healthcareかな、とかpregnancyてつくかな、とか色々検索したけどなんかちゃう。
なんと答えは
OBGYN(オービージーワイエヌ)。

いや聞いたことない

もちろん上記は略なので、正式には
Obstetrics and Gynecology
、、むず!


でもこれでようやく友人に教えてもらった手順で検索ができます。
ここからは、入っている保険によってカバーされる病院が異なるので、まずは

①保険会社のサイトにいく
②Find a doctor等といった項目からカテゴリーでobgynを選択
③自分の地域を設定して対象となるドクターを抽出
④ドクターの評判を調べる
⑤new patient受け入れ可能な場合は予約を入れる!

こんな流れです。
ポイントは④ドクターの評判。

日本で病院を探すときは地元の友達に口コミ聞いたり入院食が美味しいかどうかとかをネットでみたりしますよね〜わたしだけ?

しかしアメリカは、病院そのものではなく
ドクターのフルネームを打ち込めばレビューがでてきます。
これまでの患者さんが書いてるレビューを見れるのはなんかすごい。でもドクターからしたら大変やなこのシステム。
中には感情的なレビューもあるので、半信半疑くらいで参考程度に調べてました😅

こうしてまずは妊婦検診を受ける病院をHilltopというところに決定。
あとからできた日本人の友人からは声を揃えて『聞いたことない病院だね』と言われたけど、日本人患者が少ないだけでとても良い病院でした🏥

いやぁ国がちがえば病院探しだけでも一苦労。
予約しただけでかなりの達成感を得たのでしたニヤリ
...
コメントを投稿する